フィリピン留学とセブ島

留学の内容について

留学の内容について

留学の内容はどこで学ぶのかによって異なってきます。
例えば、語学学校で学ぶ場合はまずはクラス分けテストを行い、レベルに合ったクラスからスタートしていきます。
語学学校によって期間は異なりますが、ある程度の期間が経てばレベルアップテストを受けることができます。
そして午後からのクラスは選択授業が多くなってきて、午後の授業を受けるか受けないかを選びます。
もし受けるのであれば会話を重視するクラスとライティングやリーディングに特化したクラスの2つがあります。
大学進学を目指している場合はライティング、リーディングのクラスを受けて大学進学を目指していない場合は会話重視のクラスをとる方が多いです。
大学に進学すると現地の学生と一緒に学んでいきますので、ある程度の語学力がないと厳しいかもしれません。
またグループワークやディスカッション、レポートが多い傾向にあります。
しかし現地の学生と一緒に授業を受けることは語学力の向上に大きく影響するので留学にはおすすめの内容です。

変化しつつある語学留学

これからますます国際化が進む日本では今や英語はなくてはならない存在になりました。
進学や就職の際にも英語のスキルが必要であったり、そして仕事のスキルアップにも英語は欠かせなくなってきました。
しかし、学校や英会話教室のみでの英語の習得には限度があり、日常的な英会話スキルを身につけるためには英語の環境に身を置くことが重要になります。
そのため英語習得を目的として海外へ留学へ行く人が増えてきています。
しかし、最近ではそんな語学留学も一昔前に比べ大きく変化しつつあります。
例えば、英語の留学先といえばアメリカやイギリス、オーストラリアなどが一般的とされていましたが、最近ではフィリピンやフィジーなどに行く人が増えてきました。
また、その期間も長期のみならず数日間の短期でも取り扱いがあるため、バカンスを兼ねて英語を習得しにやってくる人たちもいます。
そして、こうした留学を取り巻く環境は利用者のニーズに合わせてますます変化しつつあります。

Valuable information

塾を自治医大で検討

2018/8/7 更新

CONTENTS